残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピラポ移住地

土日は、ピラポメンバーでワイワイ過ごしました。

ピラポは、今協力隊の集中派遣プロジェクトのモデル都市になっていて、協力隊が他のところより多いの。なので、休日になると皆で集まってご飯を作ったりするよ。今回は鍋でした!!!

ここは、ピラポ移住地といって日系社会なので、パラグアイにいながらも日本らしいところがあり不思議です。協力隊のほかに日系社会のボランティアも2人いてその二人が一人暮らしをしているので、私の職場からもちかいので、よく遊びに行ってます。

日系人て知ってる???私も、ここにくるまで知らなかったんだ。

50年前に海を渡って日本から移住してきた人たちがいて、ジャングルだったこの土地を大変な思いをして作っていったのです。なので、ピラポは日本人が作ったパラグアイ都市なのです。今はパラグアイ人が多いけど。

日系人の人たちは、日本文化を今でも、(多分私たち以上に)大事にしていていろんな行事があるんだ。

ここは、あまりよその人が来ないから、日系人の人たちは、私たちみたいな日本から来たボランティアにすごく良くしてくれるんだ。


日本食も時々食べれます。イベントやお呼ばれのときにね。
納豆も、お米も、野菜も豆腐まであって、ピラポの人が全部作ってるんだ。
すごいよね。まさに、小さな日本があるって感じ。

じゃあ何で、ここに現地人密着型の協力隊が???って思うかもだけど、、、

アリとキリギリスみたいなもん。
働き者の日本人の人たちは、農業をして頑張って頑張って働いて、成功したんだ。

でも、パラグアイ人はのんびりが好きだから今食べられるご飯さえあればいいって感じだったんだろうな。
だから、差が開いてしまったのです。そのパラグアイ人の手助けをして生活水準をあげて少しでも差を埋めていこうというのがねらいみたいです。

私の幼稚園は公立なので、ほとんどがパラグアイ人の子どもたち。
日系社会には、日本語学校の付属幼稚園があって、今年から週1回そこでも、活動をしています。
日本と変わりなくて始めは驚きました!!!

勤務先ではスペイン語で話さないと通じないけど、そこは日本語が使えるので、息抜きになるよ。
その分他の隊員の任地と違って、日本語が使えちゃうときもあるから、語学の上達が遅いのが悩みの種だけど、、、。まぁ、それは、しょうがないって割り切らないとね。

日曜日の夜は、婦人ソフトボールのイタプア県大会で、私も住んでいるセントロのチームが優勝したので、祝賀会にお呼ばれしていってきました!!!優勝カップにビールを酌んで回しのみ。
最後にはなぜか私にまで回ってきて、すごい盛り上がりようでした!!!
f0229411_1129695.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-19 10:53