残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

父へ

お父さん、ブログの更新が遅くなりました。
いつもブログのチェックしてくれてるってお母さんから聞いたよ、ありがとう。
綾香は元気です、ただ、この2週間とっても忙しかったのです。

EXPOの準備に、当日、終わって息つく暇なくアスンシオンの全体研修に教育部会の公開授業でアテゥラへ、、、。やっと帰ってきました。

任地の景色を見てホッとするのは、きっと、パラグアイの生活が日常になってきたからでしょうね。

お父さん、最近は活動も生活も落ち着いているので、心配しないでください。
パートナーのリサちゃんとも仲良くやってます。

まぁ、心配事をあえて言うなら、気を抜くとすぐ体の脂肪が増えてくるのがわかるので、出発前に父からのメッセージに書いてあった、心はひとまわり大きく、身はひとまわりスリムになって帰ってきてくださいという言葉が、守れるかどうか、、、といった感じです。

ただ、ビールは水だ!というパラグアイの人たちの影響で、私も大分お酒が強くなったので、帰ったら一緒に居酒屋さんにでもいって父と母にパラグアイの思い出話をしながら飲んだくれたいなって思っています。美味しいお店、選んでおいてね。

パラグアイで私が、一番学んだことはやっぱり家族の大切さです。パラグアイの人たちは、いつも家族と一緒。うらやましくなるくらい。

貧しい家庭の子どもは、労働力として学校がない時間に働く子もいっぱいいます。最初は、日本にはそんな習慣がないからショックだったけど、今は家族で支えあっているんだなって思える。当たり前の助け合いってステキだって思う。

そう思うと、私は、恵まれた環境で育った分、離れたからこそ知ったこともたくさんありました。父さんと母さんが応援してくれるからこそ、元気だからこそ、私がここで生活できているんだって、実感します。いつもありがとう。今までは、ずっと実家にいたからいろんなことが当たり前に感じてたけど、そうじゃないんだってことも見えてきたよ。ちょっとは、成長したかな。

あと、8ヶ月弱、周りの人に支えてもらいながらも無事に任期を終えられるようにガンバリマス。
だから、日本から見守っていてね!!!      綾香

(いつもお母さんとは、スカイプで話してばっかりだから、たまにはと思ってお父さん宛にラブレターを書きました。でも、、、コレ見て泣くなよ、父(笑))
f0229411_10253294.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-08-13 10:14