残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

市役所主催のこどもの日のお祝い

日曜日に市役所主催のディア デル ニーニョのフィエスタがありました。

前日から、当日子どもたちに配るおやつ作りのお手伝いに行きました。

さて、1時から開催されるはずのフィエスタなのですが、ここがパラグアイ。1時には始まる気配もなく子どもも来ず音響の準備も終わっておらず、スタートしたのは2時でした。こんなのいつものことなのです。

中には、1時から来ている人も勿論いるのですが、そこは、温和なパラグアイの皆さん。いつになったら始まるんだってイライラする人なんて誰一人いません。さすがです。

フィエスタは、ピエロが舞台上に出てきて、踊ったりゲームをしたりして子どもたちを楽しませていました。

子どものダンス対決では、こどもの盛り上げ役になって舞台にあがって、誰よりも楽しそうに張り切って踊っていたおじ様がいました。
f0229411_1145179.jpg


実は、この方、、、ピラポ市の市長なのです!!!

市長は、パラグアイでも珍しい日系人の市長。
きっと日本のどこを探しても、そんなことまでしてくれる市長は、ここくらいでは、、、。

すごくステキな市長なんです。

今回、私たち協力隊メンバーも、舞台上で劇をしました。そのときも一番前で盛り上げてくれた市長。プライベートでもお世話になっていて、私がピラポに来たばかりのころは、協力隊はまだ1人だったので、ご夫婦ですごく気にかけてくれて、よく市長宅にお泊りに行かせてもらってました。

さてさて、今回協力隊メンバーでやったのは、おおきなかぶ。でも、パラグアイは、白いかぶは見かけないので、おおきなにんじんにしました。マイクが一本だけしかなかったので、シナリオ読みをホームステイ先のママにおねがいしました。だから、私たちはそれに合わせて動くだけでした。

でも、元教師のママ、張り切ってくれたのは良かったんだけど、台本にないセリフが多すぎて動くほうが大変でした。

次の日、フィエスタに来ていた子どもたちから、プロフェ(先生)、おじいちゃん(役)だったでしょ?って言われて、ちゃんと見ていてくれたんだって思って嬉しかったです!!!
f0229411_11465952.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-09-04 11:47