「ほっ」と。キャンペーン

残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大きくなってネ!

この前の誕生日会に来ていた女の子。

まだ、1歳半なんだけど、その子、去年の8月貧しい地域の集落でママに捨てられてしまった女の子。

市役所の人が見つけたときには3キロしかなかったんだって。ママは16歳で、育てきれずおばあちゃんにあたる人が面倒みていたらしいんだけど、お茶しか飲ませていなかったんだって。牛乳も買えない地域で、、、。おばあちゃんといっても、まだ若いその人も赤ちゃんがいて母乳は自分の子どもの分しか出なかったからあげていなかったんだって。発見されたときは、顔が真っ黒だったっていってた。(風呂に入ってなかったから)

そんな状態で、保護された女の子でした。
でも、運よく子供のいない高校の先生をしている夫妻に引き取られ、それからはすくすく愛情を受けて育っています。
その親子の姿がとっても微笑ましかった。大きくなってほしいね!!!

こういうパターンはよくあるんだ。パラグアイの問題点は2つ。1つは、若くして妊娠してしまう子が多いこと。看護隊員がいってたけど14歳の母なんて珍しくないって。

それと、育てられないのに考えずに何人も子どもを産んでしまうこと。貧しい地域では、子どもは労働の為に産むという考えでいるみたい。

誕生会とかイベントを見ると一見華やかに見えるパラグアイだけど、車で10分も土道をいけば、貧しい集落が沢山あるんだ。私の幼稚園の子どもたちの中にも土道を歩いてくる子どもたちがいるんだ。貧富の差が大きいってこういうことをいうんだって実感します。
f0229411_1551560.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-30 01:56

プチェロ

今日は、昼ご飯にパパさんが庭で作ってくれたプチェロを食べた。
パラグアイは昼に一度仕事から帰ってみんなでご飯を食べます。
日本と違って昼がメインなんだ。

幼稚園から帰ってきてママに今日はプチェロだよ!と言われ、そうなのぉ~と言いながら急に胃が痛くなった、、、

プチェロは、モンドンゴという韓国かどっかのスターのような名前の物が入ったスープ。

このモンドンゴ。牛さんの胃らしい。しかも今日はシッポ付き。

|苦手なんだよ、、、救いだったのは、自分で食べたい分だけとってとママに言われたことだよ。

内臓系のにおいがちょっときつくて、ホースみたいなのやイガイガした部分がスープからでてくるので、なんじゃこりゃ??これどこ???って思いながら食べました。

他のパラグアイ料理は、平気なんだけどね、、、。

なので、パラグアイの料理を紹介。1番メジャーなのがエンパナーダ、揚げ餃子みたいで中がひき肉とか野菜の炒め物なんだけど、おやつでも食べる手軽な感じ。

下の写真は、ソパパラグアージャ。とうもろこしとチーズで作った食べ物。これは家庭料理って感じかな。ホームステイ先のママの得意料理です。

¿Comía puchero Dani también? Qiero saber comida Peru!
f0229411_7293579.jpg
f0229411_7312137.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-28 07:36

★手作り誕生会★

本当は、アスンシオンでゆっくりしたかったけど、日曜日ホームステイ先の5歳の男の子の誕生会があって、早くピラポに帰ってきた。

私のホームステイ先は、ママがパラグアイ人でパパが日系人。最初はママと息子と3人だったんだけど、11月にパパさんが日本から娘とその子の息子と一緒に帰ってきたので、今はにぎやか。

私たち協力隊は、途上国という危険性から、安全な家でないと住めないので、ホームステイ先はちゃんとした家に住まわせてもらっているんだよ。だから安心です。

その娘ユリちゃんの5歳になる息子エージの誕生会。。
f0229411_20572797.jpg


パラグアイの誕生会は基本、誕生日の人がもてなす形式なのです。

そして、すごいんです!!!えっ???何かのイベント???っていうくらいの派手さ
f0229411_20592741.jpg


セットから自分たちでします。娯楽が少ないパラグアイは、こういうお祝い事が盛大なんだ。

本当は、家の庭でするはずだったんだけど、先週から降り続いた雨で公民館を借りました。

朝から風船を大量にふくらましてセッティング。今回はエージがライオンキングがいいというので、2ヶ月くらい前から絵の制作を開始。私も暇なときは色塗りの手伝いをしました。

雨で予定よりも子どもが来なかったけど、それでも、結構な人数がいたよ。

ケーキも特大!(パラグアイでは、コレが普通サイズ)
f0229411_211410.jpg


誕生会が大きい分、子どもの誕生日を家族や親戚が手伝いあって作り上げるんだ。そういうのってすごくいいなって思いました。

エージも大はしゃぎでステキな!でも、ちょっと疲れた誕生会でした。
[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-26 21:03

アスンシオンへ、、、。

木曜から3日間、首都アスンシオンへ教育部会の為、上がっていました。

アスンシオンまでは、バスを乗り継いで片道8時間。

一日かかってしまいます。

パラグアイは、電車がないので、交通手段はバスのみ。コレだけは、1年経っても慣れないかも。

今回はいろんな部会が重なっていたので、同期隊員とも会えました。アスンシオンには、隊員連絡所といって宿泊施設があります。

キッチンに洗濯機、シャワールームに寝室(2段ベットだけど。)パソコン部屋に漫画部屋なんてのもあって、なんでも揃っていて快適!!隊員の息抜きの場って感じです。

同期に会って久しぶりにお互いの近況報告を喋って、次の日は、部会の時間までお買い物へ!!!
冬服を買ってきました!!!

ゆっくりできないのが残念だったけど、楽しい3日間でした!
f0229411_1105357.jpg
f0229411_112818.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-26 11:02

パラグアイ アルパ

今日は、雨降りだったので、予定されていた先生の研修会がお休みになり、幼稚園もお休みなので、家でゆっくりしました。

それに、アルパの練習の日だったんだけど、雨で先生は来なかった。

先生は、毎週水曜日に家に来て教えてくれます。

アルパっていうのは、パラグアイの伝統楽器、木製ハープのこと。

去年の10月から習っているんだけど、むずかしい、、、。

でも、楽しいです。

今はコンドルが飛んでいく♪を練習中。

ここは、楽譜がないからメロディーを覚えるのが大変です。

いつも新しい曲になると、デジカメで動画をとって、練習してます。

来年くらいまでに、もっと上手になっているといいけど、、、。

f0229411_036164.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-22 01:17

さかなつり

先週、子どもと一緒に画用紙で魚を作って、針金をつけて魚釣りごっこをしました。

パラグアイの幼児教育は、机に向かって紙の上で何かをすることが多いので、自分で作ったもので遊べる魚釣りごっこをしてみました。

みんな喜んでつってたんだけど、最初は、釣りざおの糸の長さが長すぎて子供同士でからまってしまい、楽しめない子も、、、なので、2回目からは改良をし短いバージョンでチャレンジ。

よくとれていました。

いくつもとって、嬉しそうにみせに来てくれたよ。
f0229411_0231420.jpg


f0229411_0244911.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-22 00:25

ピラポ移住地

土日は、ピラポメンバーでワイワイ過ごしました。

ピラポは、今協力隊の集中派遣プロジェクトのモデル都市になっていて、協力隊が他のところより多いの。なので、休日になると皆で集まってご飯を作ったりするよ。今回は鍋でした!!!

ここは、ピラポ移住地といって日系社会なので、パラグアイにいながらも日本らしいところがあり不思議です。協力隊のほかに日系社会のボランティアも2人いてその二人が一人暮らしをしているので、私の職場からもちかいので、よく遊びに行ってます。

日系人て知ってる???私も、ここにくるまで知らなかったんだ。

50年前に海を渡って日本から移住してきた人たちがいて、ジャングルだったこの土地を大変な思いをして作っていったのです。なので、ピラポは日本人が作ったパラグアイ都市なのです。今はパラグアイ人が多いけど。

日系人の人たちは、日本文化を今でも、(多分私たち以上に)大事にしていていろんな行事があるんだ。

ここは、あまりよその人が来ないから、日系人の人たちは、私たちみたいな日本から来たボランティアにすごく良くしてくれるんだ。


日本食も時々食べれます。イベントやお呼ばれのときにね。
納豆も、お米も、野菜も豆腐まであって、ピラポの人が全部作ってるんだ。
すごいよね。まさに、小さな日本があるって感じ。

じゃあ何で、ここに現地人密着型の協力隊が???って思うかもだけど、、、

アリとキリギリスみたいなもん。
働き者の日本人の人たちは、農業をして頑張って頑張って働いて、成功したんだ。

でも、パラグアイ人はのんびりが好きだから今食べられるご飯さえあればいいって感じだったんだろうな。
だから、差が開いてしまったのです。そのパラグアイ人の手助けをして生活水準をあげて少しでも差を埋めていこうというのがねらいみたいです。

私の幼稚園は公立なので、ほとんどがパラグアイ人の子どもたち。
日系社会には、日本語学校の付属幼稚園があって、今年から週1回そこでも、活動をしています。
日本と変わりなくて始めは驚きました!!!

勤務先ではスペイン語で話さないと通じないけど、そこは日本語が使えるので、息抜きになるよ。
その分他の隊員の任地と違って、日本語が使えちゃうときもあるから、語学の上達が遅いのが悩みの種だけど、、、。まぁ、それは、しょうがないって割り切らないとね。

日曜日の夜は、婦人ソフトボールのイタプア県大会で、私も住んでいるセントロのチームが優勝したので、祝賀会にお呼ばれしていってきました!!!優勝カップにビールを酌んで回しのみ。
最後にはなぜか私にまで回ってきて、すごい盛り上がりようでした!!!
f0229411_1129695.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-19 10:53

幼稚園訪問

今日は、午後ピラポにある勤務先とは別の幼稚園に、小学校隊員のあいちゃんと行ってきました。

初めての場所だったけど、先生は去年研修会で会ったことがあったので、歓迎してくれました。

子どもたちは、私の幼稚園のこどもより元気なんじゃないかってくらい、元気いっぱいでびっくり。

今日は、見学だけだったけど、次回は何か教材を持っていこうと思う。
f0229411_8575371.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-14 08:58

ケーキ屋さん

オブリガードはドイツ人移住地なので、街がなんとなくおしゃれで田舎の任地
ピラポとは、違う感じでした。バスで40分しか離れていないのに、、、。

でも今まで、あまりいく機会がなかったので、今回街を案内してもらいました。

そこで、おいしいと評判のケーキ屋さんを発見。

テンションが上がった!!

だってこの一年ケーキ屋さんなんて見たことも聞いたこともなかったから。

ケーキはあるけど、スーパーの冷蔵コーナーに生クリームのケーキが売ってるのばかり。
パラグアイは、暑いので、アイス屋さんはどこにでもあるんだけどね。。

パラグアイで初めて見たケーキ屋さん。
こういうところにはちゃんとあるんだって思った日でした。

さっそく1ピース注文。でも、食べたいのがホールだったので、思わず大人買い。

それでも、1ホール日本円で600円なんだよ。安いよね。

おいしかった!!、勿論みんなで、なかよく食べました。
f0229411_103146.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-12 10:03

Fiesta de Obligado

日曜日は、オブリガードのお祭りがあって先輩隊員が日本食のブースを出すというので、もう一泊して手伝いをしてきました。


私たちは、からあげとおにぎりのセット!あと、台湾人のボランティアが同じところで、イモもちを。

それに折り紙を折って売ったんだ。

えっ??売ったの??って思うかもしれないけど、これは、資金稼ぎの為なので、、、。

一枚の紙が、箱や風船、つるになるのは、こっちの人にはウケがいいの。

ご飯類より折り紙が子どもたちの心をつかみ、好評でした。

つるは、ドラゴンだって子どもたちが喜んでました!!
f0229411_9314239.jpg

f0229411_944887.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2010-04-12 09:46