残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カルナバル☆2011

おとうさーん、今年も来ました!
エンカルナシオンのカルナバル!!!

去年はキレイなお姉ちゃんたちを上手く写真にとることができなかったので、今年は!と気合を入れて行ってきたのですが、去年以上に泡スプレー攻撃がひどく、上手くいきませんでした。

その中でも、必死に撮った写真を紹介します。

毎年、2月の週末にカルナバルは行われます。ピラポからエンカルまでは、バスで1時間ちょっと。
エンカルにすんでいるシニアボランティアのこうへいさん宅に、はるちゃんとお世話になりました!

カルナバルは、ブラジルのリオのカーニバルに続いて大きいとされているお祭りで、大人のパレードといった感じかな。

道の両側に観客席があって、真ん中を派手でセクシーな衣装の踊り子さんたちが通ります。
f0229411_10163326.jpg


しかーし、ゆっくり見ることができないのが、カルナバル。
会場には泡スプレーが売っていて、踊り子さん以外の観客同士でかけ合うのです。

そんな泡スプレーに興味なしという態度をとった私たちでしたが、やはり日本人。目立つらしく、後半は泡まみれ。帰るころには、髪の毛は大変なことに、、、。

容赦なく目を攻撃してくるから腹が立つ! 怒ったってお構いなしで楽しんでいるパラグアイ人に、はるちゃんは日本語で怒って手にかかった泡を取って投げ返してた!!!よくやった!!

散々なカルナバルでしたが、踊り子さんたちは、とてもきれいでした。
泡をかけられても観る甲斐のあるカルナバルでした!
f0229411_1019546.jpg
f0229411_10175933.jpg
f0229411_10214498.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-23 10:21
f0229411_10465132.jpg
f0229411_10563049.jpg
今回のパタゴニア旅行、特に困ったことも無く無事に行って来れて本当によかったです。力強いパタゴニアの風を感じながら雄大な自然のすごさを肌で感じ、とても良い旅となりました。一緒に旅をしてくれたイッチー、はるちゃん、きくちゃん、ありがとう!!!感動を一緒に共感し合えてうれしかったです!

そんな私でしたが、今回も最後に思ったのは、早くパラグアイに帰りたい!って気持ちでした。もちろんすごく楽しかったし充実した旅でした。なのに、もう慣れちゃったんだろうな、パラグアイに。

観光資源なんてなくても、人の良さと笑顔のステキなパラグアイの人たちに会いたいなって。アスンシオンに着いて、パラグアイの人たちをみると嬉しくなってしまいました。

あと、1ヶ月でそのパラグアイともお別れです。きっと、日本に帰ったら、パラグアイの人のことを懐かしく思うんだろうなってしんみりしながらピラポに帰ってきました。家に着くと、オーラ、アヤカ!!っていいながらベソをしてくれるママの笑顔を見てピラポでの残りの生活を大切にしようって改めて思いました!
f0229411_1058865.jpg

パタゴニア旅行記、おしまい。
[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-21 11:20

パタゴニア旅行記その6

パタゴニアを満喫した私たちは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに戻り、最後の1日を利用して半日だけウルグアイにいってきました。

ブエノスから船便で1時間でウルグアイに行くことができます。朝行って夕方の便で戻ってくるという弾丸ツアーでしたが、船の到着先コロニア デル サクラメントは、街並みが世界遺産となっており、歩くだけで、ウルグアイの国の雰囲気を感じることができました。
f0229411_10344059.jpg


2年前は、パラグアイとウルグアイって言葉が似てるし近いから、同じような国なんだろうなんて思っていましたが、大違い!!!
ヨーロッパ調のノスタルジックな街並みは、おしゃれで品が良い印象を受けました。
f0229411_10362650.jpg


でも、物価が高くてびっくり!(パラグアイ価格で慣れている私は、値段をみて、パラグアイ値段と比較をしてしまうのです。)日本の価格と比べたら同じくらいなんですけどね。

道路が石畳で、クラシックカーが停車している、まるで映画の世界に迷い込んだかのような感じでした。
f0229411_10405561.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-21 10:42

パタゴニア旅行記その5

キター!!!

いよいよ来ました、ロスグラシアレス国立公園!

日本語で言うと、氷河国立公園。

そうです、氷河!

太平洋からの湿った風は、アンデス山脈にぶつかって大雪を降らせそれが氷河となってアルゼンチン側に流れるそう。長ーい年月をかけて氷河ができるのです。

私たちは冬服に着替え、何枚も重ね着をして準備OK!

でも、いってみたら太陽が出ていたので、思った程ではなく安心。

カラファテからバスツアーで氷河のある国立公園へ。

少しずつ見えてくる氷河の風景に大興奮!!
f0229411_11591155.jpg


前半は氷河を上から見下ろせる遊歩道での散策。
f0229411_1214378.jpg


時々、ゴゴゴゴーというすごい音が聞こえてきた。巨大な氷魂が轟音と共に崩落していく様子が何度か見れ、すごかった。
f0229411_1234293.jpg


後半は船に乗って氷河の近くにいってみることができました。
透き通った青の氷河が一面に広がり、キレイだった!!!
自然の雄大さに言葉を失うほどで、引き込まれそうな迫力に、とにかく釘付けでした。
f0229411_12212367.jpg
f0229411_12171195.jpg
f0229411_12153251.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-16 12:18
バルデス半島のあとは、飛行機でカラファテへ。

ロスグラシアレス国立公園へ行く拠点となる街、カラファテ。

街は、観光地になっていて、メイン通りはお土産やさんで賑っていました。

昼前に着いたので、散策をしながら、お土産選び!

夕方には、壁画ツアーに参加して、岩場に残っていたインディヘナの壁画を見てきました。

手の跡や人、動物の模様など残っていました。
f0229411_11292827.jpg
f0229411_1127491.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-16 11:32

Ayaka のペンギン写真館

       「ママ!!もう歩けないよぉ。」
f0229411_9192346.jpg

       「パパ、いってらっしゃい!!」
f0229411_9381449.jpg

 子どもたち 「おなかすいた、おなかすいた!」
 ママ    「さっき食べたでしょ?知らないわ」
f0229411_941119.jpg

       「がっくり。ふられた、、、」
f0229411_9272414.jpg

        「宇宙と交信中」
f0229411_9315499.jpg

       「あーいそがしい、いそがしい」
f0229411_9474138.jpg

       「仲良くお昼ねタイム」
f0229411_945942.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-13 09:48

パタゴニア その3

3日目は、プンタトンボのツアー。
楽しみにしていたツアーだったので大興奮でいってきました!

プンタトンボには、ペンギンの保護区があって、まさにペンギンの国!!
f0229411_8503843.jpg

保護区の中には、何万もの数のペンギンさんがすんでいて、今は子育て中で赤ちゃんペンギンがたくさんいました!
海近くは、ペンギンが居すぎるので、陸地からペンギンたちが餌を探す為、海までご出勤している姿が!!チョコチョコ歩く姿がとってもかわいかったです!
f0229411_92456.jpg

ペンギンさんには触ってはいけません!それに遊歩道があって、人間はその上を歩かなければいけないんだけど、ペンギンさんが来たら止まって通行の邪魔をしてはいけないというルールがあり、とても間近でペンギンさんたちを見ることが出来、嬉しかったです。
f0229411_973275.jpg

人間になれているのか、おかまいなしなのか、近づいても全く動じないペンギンたち。
歩く姿に寝顔、じゃれあってる所や空を見上げている所など、いろんな姿のペンギンさんを見ることができました!
f0229411_8491115.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-13 09:07

パタゴニア その2

アスンシオンからブエノスアイレスを経由してトレレウの空港へ。

そこから迎えの車で、バルデス半島の拠点となる街、プエルトマドリンへ行きました。

海沿いのカワイイホテルに着いたころには、夜になっていました!
この海の向こうはアフリカ大陸かぁって思うと不思議な感じでした。

2日目は、朝8時からバルデス半島バスツアーのスタート。

もうここからパタゴニアとよばれる南米の南部地域に入っているのです。
私たちは、パタゴニアの強い風を感じながら出発しました。

バルデス半島は、ゾウアザラシやアシカ、ペンギンなどの生息地があり、アルゼンチンが保護区を設けている動物の島です。世界遺産にもなっているんですよ。陸地には、アルマジロやラクダ科のグアナコ、ダチョウを小さくしたようなチョイケといった珍しい動物も見れました!

まずは、博物館でお勉強。海に出れば、イルカやクジラ、シャチが見れるスポットもあるのですが、残念ながら私たちは海に出れなかったので、クジラの骨格をみてきました。
f0229411_1343645.jpg
f0229411_1353861.jpg


ゾウアザラシやアシカの生息地では、ウーウーという太い声が聞こえてきて、海岸沿いをみると、すごい数の海の生き物が日光浴していました!びっくり!
f0229411_1331331.jpg


ペンギンにも会ったけど、距離が少し遠かったので、3日目のときに詳しくはなしをします!

風が強かったけど天気がとても良くて、海を見ているだけで、とても気持ちがよかったです。
f0229411_13131545.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-12 13:14

パタゴニア旅行記その1

協力隊は、1年に20日間隣国に行くことが許されています。

日本から南米まで旅行に行くには、時間がかかるし費用も高いので、なかなかできません。だからパラグアイに居るうちに、どうしても訪れてみたい場所が3つありました。

チリのイースター島、ボリビアのウユニ塩湖。去年、一昨年と見に行くことができ、最後どうしても行きたかった場所、それはアルゼンチン南部、パタゴニア!

見てきちゃいました、氷河!!!

アザラシにペンギンの大群!!!

今回のメンバーは、よくブログにコメントをくれる同期のはるちゃんときくちゃん、それに任地ピラポの相棒イッチーの4人旅。

7泊8日のパタゴニアツアースタート☆

f0229411_12174344.jpg

[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-10 12:18

果物天国

昨日ピラポに帰ってきました。最後の任国外旅行へ行っていたもので。その話はまた次回。

旅行前の1月末にアスンシオンで半年に1度のJICA集会があり、その前にちょっと寄り道をしてアテゥラにいってきました!

今回の目的は、アテゥラの名産革製品のお土産探し!
ポーチやカバンの注文をしてきちゃいました!
色やデザインを好きに選べるお店で格闘すること2時間、自分のデザインセンスに不安を抱きながらも注文をしてきました!出来上がりがたのしみです!

先輩隊員の話によると、私たちの色の感覚やセンスは2年の間にだいぶずれてしまっており、日本に帰ってから、とんでもない服装をしていることに気づくらしい。
確かに、今はTシャツなんて、シミや穴あきでもお構いなしで着ているもんな、、、。

上着も日よけの為なら何だっていいって思っているし、オシャレをするという言葉を日本に忘れてきている感じです。
一応言い訳をしますと、任地は赤土なのですぐ服が汚れてしまい、どうでもいい服を着てしまうのです。

だから、お友達のみなさん、帰国後に私が、そりゃないよっていう服装をしていたら、ちゃんと教えてください!めぐには、指摘される前に大笑いされそうだけど、、、。

さてさて、今パラグアイは果物が木から土からポロポロ取れて、果物天国!ホームステイ先のパパさんが庭で育てたスイカを毎日ぜいたくに食べ、スーパーでは桃が5個100円、メロンは1キロ100円。安いのです。アテゥラでは、どこの庭にもこの果物が真っ赤になっていて大きくておいしそうでした!日本で買うと高いその果物は、、、。
f0229411_1431127.jpg


そう、マンゴー。ブラジルマンゴーが今たくさん実をつけていました!残念ながらピラポでは採れないのです。ピラポは冬が寒いから育たないらしい。なので、アスンシオンへ行ったときは、スーパーで買って食べています!照らされた太陽がそのままくっついたようなオレンジ色のマンゴーは、甘くてジューシーです!
[PR]
by ayamaki2010 | 2011-02-09 14:32