残り一年のパラグアイ生活。余裕が出てきたので、ブログに挑戦。


by ayamaki2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

卒園式

26日、卒園式が行われました。

前日から、飾り付けの準備やサロンの掃除を、お手伝いに来てくれたお母さんたちと一緒にしました。

去年は、幼稚園の中庭のスペースを使ってしたけど、今年は人数も多いし、きちんとしたいのもあってサロンを借りました!
f0229411_224499.jpg


さてさて、当日。子どもが続々やってきて、最後ということもあって皆おめかししていました。
でも、慣れない場所に緊張気味の様子。
f0229411_2272871.jpg


そして、始まりました。私が担当した劇から始まり、歌にダンスの発表をして最後に卒園証書の授与がありました。
f0229411_2292649.jpg

   
去年は途中から入ったので、そんなに感じなかったけど、今年は初めからずっと子どもたちと関わってきたのでちょっとしんみりしてきちゃいました。

最後の子どもが卒園証書をもらい終わった後、私の名前が呼ばれ、、、。
舞台に上がったら、幼稚園部の先生、リサとパトリシアからサプライズが!こどもたちの写真を載せて作ってくれた証書をプレゼントしてくれました!

嬉しくて舞台上だったのに、泣いちゃった。

パラグアイでうれし泣きが出来る日がくるなんて、思っていなかったから、ここに来て良かったって思えた瞬間でした。パラグアイで、先生だって認められたんだって思えた。

式の後は、お母さんたちが持ち寄ってきてくれた軽食と、フェリアで稼いだお金で買ったケーキを出して、お別れ会をしました。

帰りに保護者のお母さんから、ありがとうって声かけてもらったんだけど、あやかはいつ帰るの?と聞かれ、3月だよって答えたら、なんだ、新学期までいるのねっていう反応で、今日の感じでは、さようならっていう雰囲気だっただけに、苦笑いしながら、まだいるよって答えました。

でも、新学期が始まってすぐ引き上げになってしまうので、気持ち的には今日で最後という意気込みで臨みました。
自分でも満足のステキな卒園式になってよかったです。
f0229411_2213272.jpg


それになんといってもリサとパトリシアに感謝です。

ここまでくるのに、リサとは、色々あったなぁ。生まれてきた環境に文化が違うから上手くいかないのは、あたりまえかって今は思えるけど、去年はとにかく必死だったんだと思う。何かしなきゃって。でも、活動初めて3ヶ月目に教育観の違いからぶつかって、そこで日本の幼児教育が全て通用するとは限らないことを痛感した。

パラグアイの先生はみんな、プライドが高いと言われていて、リサも自分の保育に自信を持ってやっている。だから私はここに必要ないんじゃないかって、ずっと悩んでいた。多分、協力隊という固定概念にとらわれていんだと思う。幼児教育の知識が無い人に教えるんだと思っていたから、ある程度の知識がある人にどうやって関わっていこうかと。

そんなことを考えていて1年過ぎ、生活には慣れたけど、でもどこかでずっと息張っていたんだろうな、あるとき糸がぷつんと切れてしまって活動するのが嫌になって、旅に出た。

帰ってきてから、第三者を通してリサが私を心配してくれてることを聞いて、はっとした。それまで、何か人のためにしなきゃ、何かを残さなきゃっていうことばかり考えていて、それで自分で自分の首を絞めていたんだって。自分のことしか考えてなかったなって。

そこからかな、考え方が変わった。私がここにいてリサや子どもたちと関わっていることだけでいいんじゃないかって。それから、私は、自分と関わった人に刺激を与えにきたんだって思えるようになった。そう思ったら気が楽になった。教えるのではなく、リサの知識と私の知識を合わせたら、もっと良くなるんじゃないかって。

リサの気持ちも考えられるようになった。言葉もたどたどしい私の話を聞いてくれて、これしたいという活動に対しても、子どもに上手く伝わらないときに手伝ってくれる。じゃあ、私がリサにできることってなんだろって考えた。それで始めたのが園便り製作。その月の活動を載せて保護者や校長先生に配った。幼稚園では先生がこんなに熱意を持って子どもと関わっているんだよっていうのが伝わればいいなという思いから。今年は、お手伝いをしたり協力してくれるお母さんが多かったのも園便りのお陰かもって自分で思っちゃってます。
卒園式にも最後の園便りを配りました!
f0229411_22212730.jpg


考え方を一つ変えるだけで、違う見方が出来る。
それに、自分の居場所って気づいたら出来ているもんなんだね。
さて、残りのパラグアイ生活もあと4ヶ月。ラストスパートだ!!!
たのしむぞー☆ 
f0229411_2224119.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-12-04 22:24

朝日に恋して☆

今年も来ました!

ひまわりの季節☆

ピラポのひまわりは、11月が見ごろでした!

一面のひまわり畑は迫力満点!

ひまわりって朝日が出る方向を見て咲くって知ってた?

だから夕方のひまわりは影が出来て70歳のひまわりだというアドバイスをうけ、
朝7時の15歳のセニョリータのひまわりを見に行ってきました!

朝日を浴びたひまわりがすごーくキレイでキラキラしていたよ!
f0229411_0113664.jpg
f0229411_0185214.jpg
f0229411_0132775.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-12-03 00:14
日系の幼稚園でおじいちゃんおばあちゃんとの交流会がありました。

交流会では、レクレーションと流しそうめんをしたよ!

流しそうめんは3日前から竹やぶを取りに行くところからスタート。

手作りの竹で食べたそうめんは、とてもおいしかったです!

おばあちゃんおじいちゃんも、子どもたちも喜んでいっぱい食べていました。

今回の企画は、日系社会ボランティアのイッチーとともくんによるものでした。竹取りから切る作業までメインでがんばってくれた、イッチー、足をけがしながらも気合で乗り越えたともくん、おつかれさまでした!
f0229411_10561391.jpg
f0229411_10573128.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-25 11:01

★作品展★

作品展をしました!

1年間の子どもの作品を、展示しました。
f0229411_1035789.jpg


2週間前から少しずつ作品の展示準備を始めて、前日は夜7時まで頑張りました!

当日は、保護者や他の学年の子どもたち、たくさんの人が見に来てくれました。
f0229411_1038090.jpg

親子でじっくり観覧するって、こっちではあまりないからいいなって思いました!
f0229411_10325749.jpg

前ブログにも載せたお面をつけてパシャリ!
f0229411_1039153.jpg

最後は、みんなでハイポーズ☆
f0229411_1040315.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-25 10:43

誕生日(^O^)

11月12日、29回目の誕生日を迎えました。20代最後だ!

パラグアイの誕生会は、日本と逆。誕生日の人がもてなすのです。
それならということで、今年はパラグアイ式に、11日から準備を!!!

12日は、金曜日だったので、幼稚園の子どもたちにケーキをふるまおうとケーキ作りに挑戦!
前日午後に、お料理上手のはるみさんの家にケーキを教えてもらいに行きました。
f0229411_10593150.jpg


でも、仕事帰りに行ったときには、すでに形だけになっていてデコレーションのみで、ほとんど作ってもらっちゃいました、、、。ありがとうございました、はるみさん。

おかげで、でっかーいチョコケーキの完成☆
f0229411_10515234.jpg


さてさて、12日。

幼稚園に行くと、いつも落ち着いているリサがソワソワしてるなと思っていたら、サプライズが待っていたのです!!

フェリス クンプレアニョス(誕生日おめでとう)の歌に合わせてリサと保護者のママからケーキのプレゼントをもらいました!!!
f0229411_10532656.jpg


祝ってくれる人がいるって嬉しいなって、ちょっと泣きそうになりました。

ケーキはおやつの時間にみんなでおいしくいただきました!私の作ったケーキはというと、午後の子どもたちと食べました。
半分はリサの家族と私の家族に持って帰りました!
f0229411_10574065.jpg

チョコケーキがとってもおいしかったみたいで、(バタークリームのケーキが主流なので)ふたまでなめていた子どもたち!
f0229411_112255.jpg


他にも、マーティンのママからは、手作りのクロスをもらいました☆
f0229411_10553338.jpg


そして、そして、土曜日は、協力隊メンバーでの誕生会を!誕生日の近いメンバーと夕ご飯をつくり他のメンバーにおもてなしをしました!私は、皮から餃子を作ったよ!

日曜日は、ホームステイ先の家族とアサードをしておもてなしを!

3日連続の誕生日会は、さすがに疲れてしまった、、、。最後だからということもあってちょっと張り切ってしまいましたが、良い思い出になりました!
[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-18 11:03

笑顔の魔法☆

最近、幼稚園に着くまでの道中で、手を振られたり、声をかけられたりすることが多くなったなって思う。

遠くからでも、プロフェ~(先生)って声をかけられるのは嬉しい。この街に馴染んできたんだなって感じます。

パラグアイは、知らない人同士でも、目が合えば挨拶をする習慣があります。だから笑顔で声をかければ、みんなすれ違う人たちは笑顔で挨拶を返してくれます。

知らない人でも笑顔で挨拶してくれると、嬉しい気持ちになります!

幼稚園に着くと、子どもたちの笑顔が待っていて、その無邪気な笑顔を見ると、つくづく笑顔は世界共通だなって思います。

私が協力隊に応募したきっかけでもある、海外の子どもの笑顔に出会うって目的はちゃんと果たせているよ。

そんなとびっきりの笑顔を!!!
f0229411_10171318.jpg

見てみてすごいでしょ!の一枚。
f0229411_10191169.jpg

最近よくしているバスごっこの遊びです!!
f0229411_10211335.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-11 10:32

リサがいない、、、

リサが急に書類を提出しにオエナウまで行かなければならなくなった。

あやか、午後のクラス頼んだって言われ、カギを渡された。大変だー大丈夫かな、、、。

心配しながら始まった午後のクラス。普段から子どもの前に立って保育はしているけど、何が心配って、なにか起きたときにスペイン語で子どもを説得させる自信がない。

リサがいないことを子どもたちに告げると案の定、一人の女の子が、お家に帰りたいって言い出して、やっぱりそうきたか、って思った。きっと私の不安そうな様子を読み取ったんだろうな。

そりゃ私だって帰りたい!と思いつつも、こうなったらやるっきゃないと、気持ちを切り替えて始めました。

文字の勉強の後、紙芝居を読むよというのが良かったらしく、その後はスムーズに進み、何事もなく終わってほっと一安心。去年だったら、きっと無理だったろうに、成長したのかも私。と思い、今日はよくやったと自分のごほうびとしてチョコレートを買って帰りました。

その後、リサの家に寄ってカギを返そうとしたら、明日は今日の書類をエンカルナシオンまで持っていかなきゃいけないのと言われ、結局次の日も、、、。帰ってからすぐに全部チョコたべちゃったよ!

リサは、お給料が教育文化省から半分しか出ていないので、その請求の為の書類提出とだけあって協力しないわけにはいかないと、次の日も頑張りました。リサは、出ていない分を市役所と交渉して今年の分はやっと市役所が半分を出してくれることになったけど、来年は、ちゃんと国からもらえるといいなって思います。

ここが変だよパラグアイ!!リサみたいに半分しかお給料がもらえない先生が他にもいるのです。理由は分からないけど、若い先生に多いです。ピラポはまだ市役所がしっかりしてるから、今年は出してくれることになったけど、もらえない人は裁判を起こしてやっと出してもらう人もいるそう。

こんなんだから、先生たちのやる気だってなくなるんだって、国をせめてしまいたくなります。
日本で言う公務員のはずなのに、お給料がもらえる人ともらえない人がいるなんて、おかしい、、。ちなみに先生たちのお給料は、月3万円です。

私たちパラグアイの協力隊員も月に3万円の生活費を支給され生活しています。物価が安いけど、そのうちの半分は家賃にネット代だからぜいたくなんて出来ません。

写真は、日系社会で介護福祉の仕事をしているイッチーがお手伝いをしに来てくれたときのものです!
卒園式で見せる劇の練習中にて。
f0229411_7234875.jpg
f0229411_7223590.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-10 07:24

やさいつくるぞ!

野菜隊員のぶっちーが、幼稚園にトマトときゅうりの苗を持ってきてくれました!

タイヤの中に耕した土や肥料、草を入れて苗を植えました。

その様子をじっと見ていた子どもたち。でも、うずうずして手伝いたい様子。
f0229411_10575785.jpg


やっと最後に、水をかけるお手伝いを頼まれ張り切ってました!

パラグアイの人は、肉中心で野菜はあまり食べないので、野菜を食べるきっかけになるといいなって思っています。

本当は、出来た野菜をクラスで食べたかったけど、卒園まであと1ヶ月なので、おいしく頂くのは難しいかも。でも、何も言われなくても休み時間に水やりを頑張っている子どもたちをみると、それだけでも効果はあるのかなって期待したくなります。

子どもたちの反応が予想外によかったので、またぶっちーにお願いをして野菜の話をしてもらおうかな、なんて考えています☆

頼む~スピードアップで伸びて早く実をつけて~!!!
f0229411_117424.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-11-02 10:58

アサード

診療所の先生が、看護婦さんたちの家族を招待して開いたアサ-ドに行ってきたよ。

アサードは、パラグアイ人の大好物。日曜日に家族でしたり、お祝いのときに焼かれたりする料理というか、焼肉のパラグアイバージョン。肉の塊を焼くのです。

ちょっと固いけど焼く前に肉に味付けをしてあるので美味しいのです!

アサードを焼くのは男性の仕事。なので、看護婦さんの旦那さんたちが頑張ってくれました!

というか、ビールを飲みながらのんびり焼くので、頑張ってはいないかも。

f0229411_21453562.jpg

f0229411_21473025.jpg
f0229411_2149392.jpg

最後は陽気に踊っておいまい!
f0229411_2154510.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-29 21:54

第2回 フェリア

土曜日市役所の2回目のフェリアがあり、今回もリサと参加をしました!

最近リサは私よりもやる気で、次はあれを売ろうこれを売ろうと考えてくれるので、頼もしいです。
今回は、パン菓子のほかに保護者のママからの寄付で手作りソパパラグアージャも売りました。あと、果物をたくさん使ったエンサラダ デ フルータ(フルーツポンチ)を初挑戦!前日にリサの家に行って二人で作りました!

当日は、前日から降り続いた雨の影響で、天気が悪く、人が来ないんじゃないかと思いましたが、フェリアのことが口コミで広がっていたのか、ちゃんとお客さんが来てくれました。今回は、完売までは行きませんでしたが、ほぼ完売といった感じなので、大満足!!

利益もでたので、良かった!火曜日、フェリアの売り上げでリサが子どもたち用に鉛筆を買ってきてくれました。今、数字や文字の勉強をしているのに、何度いっても鉛筆一つ持って来れない子やお兄ちゃんおねえちゃんのお下がりの短い、それで書けるの?というようなものしかもっていない子がいるので、勉強のときだけ貸せる幼稚園用の鉛筆が欲しいと話していたのです。クレヨンで文字を書いていた子もやっと全員が鉛筆を使って勉強できるようになり、ほっと一安心です。
f0229411_2035380.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-29 20:35
JICAでは、みんなの笑顔プロジェクトというのがあって、任地で欲しいけどなかなか買うことができないものを応募し、寄付してくれる会社や団体を募るという企画があります。

それで、今年の初めにプロジェクトに応募していたものが今週届いたのです!

この企画は、勤務先以外のところで使いたい物があるときに応募できるので、週1回行っている日本語学校の付属幼稚園への寄付としてお願いしました。

そして、、、絵本と木琴がきました!

日本語幼稚園では、絵本がほとんどボロボロ。でも、日本語の絵本なんてパラグアイでは入手できないし、日本から買うとなるとお金もかかってしまい、なかなか増えないので今回要望を出しました!

木琴は、主任先生の希望で!木琴のきれいな木の音色を子どもたちに聞かせたいってお願いされました。なので、木琴がきて一番喜んでいたのは、主任先生でした。

今回、私の要望に答えてくれた日本の3つの団体の方々に感謝です!
こういう風に日本とつながるっていいなって感じました。

木琴は、11月の卒園式を兼ねた発表会で披露するんだと、先生は大張り切り!!!

それに、頂いた絵本を渡すと夢中になって見ていた子どもたちでした!大事につかおうね☆
f0229411_1091829.jpg

f0229411_10111993.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-22 10:12
協力隊って、ずっと悩み続けて2年が終わるんだと思う。

去年の悩みとは別のことで悩んでいて、それは、3ヶ月前の悩みとも違う。

なんで、こんなに悩んでんだろって今回、正直思った。

協力隊は、これをしなきゃいけないというしがらみがないから自由になんでもできるって日本では思ってた。

でも、自由って大変。1から考えなきゃいけない。1から始めなきゃいけない。

それに、自由にできるからって自分の好きなことが全てできる訳じゃない。

運動会をしたいっていって計画たててきたけど、独りよがりなんじゃないのか?本当に必要なの?出来るの?人は来るの?って考えて、土台がないものをつくる難しさにぶつかりました。

うまくいかないこともいっぱいあった。妥協もした。くやしい思いもした。

運動会の企画をしていろんな感情に左右されました。

今回のねらいは、子どもと親、家族で楽しむ場をつくること。それで、もっと子どもや教育に目を向けて欲しいって目的での開催。なのでどうしてもお父さんも来れる日曜日の開催は、譲れなかった。そのせいで、結局2週間も延びてしまったんだけどね、、、。

休日の学校行事なんて習慣にないパラグアイ人対象の運動会。
スポーツのイベントをするよって連絡はしたものの、はたして当日来てくれるのか、、、。

そんな気持ちで臨んだ運動会でした。

当日まで、ドタバタ続きだったけど、でもチラシやラジオでも宣伝した甲斐あって、人も集まり、なんとか無事に終わることができました。

2人で始まった企画だったけど、準備から当日の手伝いまで、周りの人たちにすごく助けてもらって終わることができた運動会。一緒に企画していっぱい相談しあえた、あいちゃんには一番感謝。あいちゃんがいなかったら、ここまで出来なかったなって思う。ありがとう。
来年につながる土台が作れたので一安心です。来年は頼んだよ、あいちゃん!!!

何より参加者の楽しそうな笑顔がみれたので、成功って言えるんだろうな!でも、つかれた~。
f0229411_22025.jpg

[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-16 02:23

運動会当日

9月からずっと企画をしてきた運動会が終わりました。

予定より2週間も延びてしまったけど、その分準備に時間をかけてじっくり用意ができました。

さて、当日10月10日、日曜日。

9時開始だったので、7時半から準備もかねてスタンバイ。
そして、9時、、、。

エッ?数えて10人いるかいないかだった。

その日の夢で参加者が誰も来ない夢を見た私は、心に余裕もなく焦ってしまいました。

でも、落ち着いて考えて、、、ここは、パラグアイ。

こどもの日のイベントだって始まったのは、1時間後。それが当たり前なんです。

そう思って気長に待っていたら、少しずつ集まってきました。

子どもだけで、100人くらい集まりました。

そして、イベントスタート。

まずは、準備体操から。ラジオ体操のスペイン語版で元気に体操。前日子どもたちを集めて練習したので子どもたちも上手でした!
f0229411_24373.jpg
 

さて、競技は、玉入れや風船割り競争、飴食いに算数遊びなど、定番からオリジナルな競技を楽しみました。
f0229411_27797.jpg



お父さん競技は、パンくい競争をお菓子に変えて、お母さん競技は、子どもとほうきにまたがって走る競技などをしました。
f0229411_2143550.jpg


恥ずかしくて出てくれない人もいるだろうと思い、見ていても楽しめる競技を考えたので、ハプニングがあると客席から笑い声が聞こえたり、もちろん競技している人たちも楽しそうでした。
f0229411_212173.jpg

帰り、家族で楽しそうに帰っていく子どもたちを見て、やってよかったって思えた運動会。終わりよければ全てよし!ってまさにこのことだなって。

今回資金稼ぎの活動も入っていて、昼食用に保護者にお願いをして各家庭、1プレートの食べ物を持ち寄って寄付してもらい、それを安く売って、売り上げを教材費に当てようという試みをしました。全部で400ミル稼げたので先生たちが買いたいと言っていたラジカセを買うことができ、先生たちは大喜びでした!!
[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-16 02:14

サマータイム

日曜日からサマータイムが始まったパラグアイ。夏になるので、1時間早くなります。

今までは、日本との時差が-13時間だったんだけど、これから半年は、-12時間の差になり分かりやすいのは、いいね。

でも、朝晩はまだ寒いし、朝いつもより1時間はやく起きるのは辛い、、、。
慣れるまでもうしばらくかかりそう。

休日は、牧場へパカポコをしに、、、。
f0229411_9323782.jpg


空がとってもきれいでした!

馬のアップって迫力があるって思って下から写真を撮ってみました。
f0229411_9342882.jpg


そんなことをしていたら牧場の管理人ビッキーが来て、私が下から撮っていたものだから、馬のくちを開け始めた!!

別に馬の歯を見たかったわけじゃないんだけど、なかなか見れないなーと釘付けでした。きっと気を利か
せてくれたんだろうね。そんな瞬間のすごいショットです。
f0229411_936498.jpg


そのあと、口の中まで手を入れて、一言。レングア!!!(ベロだよ)と教えてくれた巨人ビッキー。そんなことまでしたら馬だって怒るよって思い内心ビクビクでした。
[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-06 09:36
休みの日にたけのこ狩りに連れて行ってもらいました!

日系人のおじちゃんたちのトラックで、デコボコ道を走って15分。
f0229411_10544260.jpg


着きました、竹やぶ。
去年も連れて行ってもらったんだけど、竹やぶに入ったとたん、何かの花粉にやられ、まったく楽しめずに終わったという苦い思い出があり、今年は、気合を入れて完全防備でたけのこ狩りに出発!!
f0229411_10562277.jpg


ちょっと腰を下ろしてみると、あるある!!!
f0229411_10582521.jpg
30センチぐらいの長さのたけのこを折れるところでポキット手で折ると簡単にとれるんだ。でも、よくばってとりすぎてしまい、帰りのトラックまでの道のりが辛かった、、、。
f0229411_1122386.jpg


みんなで撮った収穫バンザイの一枚。
f0229411_1141629.jpg


たけのこ狩りが終わってから、おじちゃんの奥さんが持たせてくれたおにぎりとお惣菜にビールで乾杯!
それに、自家製の野菜でその場で作ってくれた、その名も 森のエンサラ~ダ がすごくおいしかった。ドレッシングも売ってないから、手作りなんです!とれたての野菜は、あまかったです!!!
f0229411_1161082.jpg


とったたけのこは、そのあと、茹でてもらって持って帰りました。たけのこごはんにしたり、オレガノとにんにくを使ったピクルスを教えてもらったので、それに挑戦したりして美味しくいただきました!
[PR]
# by ayamaki2010 | 2010-10-02 11:09